イノチノワ

土のメガネを通して見えるもの

Politically Correct? November 16, 2013

英語圏にお住みの方や、社会問題などに意識の高い方は耳や目にした事があるであろうと思われる”Political correctness”という表現。ここは食い物重視のイノチノワBlogなので、食い物重視の”political correctness” のお話です。

そもそも、僕がPolitically correctという表現を始めて知ったのは、Sally Fallonという人の”Nourinshing Traditions”という一般的な見方からすれば一風変わったレシピ本が初めてだったのですが、彼女の本で使われるこの言葉の表現は単に社会的な意味で差別や偏見のない食事という意味でなく、権威ある人々の言葉を鵜呑みにするのでなく本当に人や環境にとって良い食事、という意味で使われています。でも今日のところは彼女の本について話すのではなくて(それは彼女の本を読むのが一番だから)、僕の考えるpolitically corecctな食べ物、または買い物に関する話です。

第一に思い浮かぶのはフェアトレードです。
遠い異国の、発展途中である国々の農家さんが、その土地の環境や自分たちの生活を守り向上していけるよう労力に見合った収入を得られるように、フェアトレード認定されたコーヒーやバナナを求めるようにする事は単なる金銭的な援助よりももっと血になる肉になる応援方法だと思います。

そしてGM食品。
生物多様性の重要性を真っ向から無視し、食の供給や環境や人々のの健康よりも利益を最優先し、その利を得る者にとってだけ都合の良いように遺伝子を組み換えられた植物(動物もしかり)を特許という方法で独占しそこからさらに利を得るバイオ企業のために、我々の投票権と同意であるお金を投げ入れる必要はないのではないでしょうか。

食べ物を食べる、買い物をする時に、「この野菜(でも製品でもなんでも)は供給者/販売者/消費者/環境に対してフェアであろうか?フェアでなければ何が改善出来るのか?どこまでフェアに近づけるか?」なんて考えてみるのも一興かと思われます。ていうかお勧めします。どうしたら出来るだけみんながハッピーになれるのか?と思ったらやっぱり出来るだけみんなにとってFairなShareである事が良いように思われます。そしてそれこそが食のPolitical Correctnessかな、と。

スーパーで頭を抱えて悩むのではなくて、「こうだったらもっと良くない?ああしたらフェア度がたかまるんじゃないか?」なんて良いアイデアを模索する気持ちで。

Advertisements
 

molly逝く October 31, 2013

Filed under: 神ファーマー,私事 — yukster1219 @ 3:42 am

このブログを前から読んでいる人や、ファームに遊びにきた事がある人は
モリーの事を知っているかも知れないし、気持ちをシェアしたいので書きます

ヘンリーリードが誇る最高のファーム犬、モリーが
16年の生涯を終えて逝きました

https://inochinowa.wordpress.com/2010/11/22/nightmare-weekend-or-another-farm-gong-show/

ファームでも人生でも先輩であったモリー
始めてのファームの留守番の時は、留守番チームのリーダーは人間でなくモリーだった
畑仕事をする僕らのそばで昼寝しているようでカラスが(卵泥棒)近づけば吠えて威嚇した
僕がひとりで空を見上げるような時には知らぬ間に横にいた
誰よりも熊を感知するのが早く、追いかける事も追い込む事も出来た
誰よりも頼れる先輩モリー

16年間、隅々まで熟知したこのファームで、犬生をまっとうし眠りについた
もう持病のリューマチも痛くないね
今頃はきっと昔みたいに駆け回ってカラスや熊を追い払ってるね
あなたが逝った日は全ファームが泣いたよ 大人も男もみんな泣いた
僕も、あなたの墓前に捧げた日本酒一升瓶よりも泣いたかも知れない
でも、旅立つあなたの足を引っ張るような事はしません
それに僕が泣くと、僕の猫のタマが心配して顔をなめてくれるんだ
猫に塩分は良くないんだよ だから
今年のファーム留守番はあなたはココにいないけど、残された僕らで頑張ります
タマは戦力にはならないだろうなあ 子猫だし

モリー大好き大好き大好き 今までもこれからもずっと好き
これまで本当にありがとう そしてお疲れ様でした
僕がそっち側に行った時には日本酒の感想を教えてください

THE BEST FARM DOG EVER
REST IN PEACE
I LOVE YOU!!!!!

IMG_1117

 

秋みのる〜chantrelle大放出〜 October 6, 2013

10年に一度の大感謝祭!ばりの勢いでにょきにょき生えている
IMG_1583
シャントレール

森に入ると、2時間くらいで4〜5パウンド採れます。
生のものをバターなどで炒めてパスタやリゾットに入れるもヨシ
(キノコからかなり水が出ます)
干して保存したりもヨシ

森の恵み大爆発です。

今年は本当にキノコが大豊作な年のようで
キノコ狩りの後スーパーで買い物していたらレジのお姉さんに
「あ、髪の毛に森のかけらがついてますよ」
(なんてステキなことを言うお姉さんなんだ!)
と、言われ列の自分の後ろにいたおじさんがとってくれたのは木の枝。
おじさん曰く「今年は10年に一度くらいのキノコ大豊作の年」なんだそうで。
他のキノコも大豊作なんでしょうがシャントレール以外にはあまりめぼしいものは採れていませんが、他にパフボール(小さな白いキノコで調理後の食感はまるではんぺん。僕の大好物です)が少し採れたり、ナメクジに襲撃されまくられていて食べる気になれないロブスターマッシュルーム(赤くて大きなキノコ、肉厚でおいしい)や、SMOKEY GILLED WOODLOVERというキノコらしきものを見つけて確認のためにSPORE PRINTといって紙の上に一日寝かせて胞子の色を確認するという実験的かつキノコマニア的な事もやっております。僕は松茸を見つけるのがどうも下手なようで、いつも採るのはシャントレール、パフボール、オイスター、ロブスターなどが主なのですが、他にも食べられるキノコはたくさんあるようなので勉強あるのみですねー。毒のあるキノコや薬効のあるキノコを知るためにももっと良いキノコ本が欲しい!!

これまで自分で食べ物を育てるという農耕民族的な事を学んで来て(これからもまだまだ勉強あるのみだけども)、これからは森や海の恵みをもっともっと生活に取り入れるべく(食だけでなく薬なども)狩猟民族的な事を学んで行きたいと思っています。ハイ、それではココで爆弾投下。

ハンティングライセンス取る予定です (more…)

 

釘を打つ September 13, 2013

Filed under: DIY — yukster1219 @ 12:49 am

デッキがでっきちゃったのおぉぉぉ〜〜〜

とダジャレ投下しちゃうくらい嬉しいんですよ

この夏のプロジェクトであった「部屋の横にデッキ搭載」は

レントしてる一身上自分の都合以外の理由で完成が遅くなったけれども

ほぼ完成ッッッ!!

IMG_1508

IMG_1507

 

ていうか完成ですね。今後、階段やレールを付けて行きたいけれどももう夏は終わりなのでまた来年。

なので今はただただスクエアなルックスの板きれの集合体に見えるかもしれませんが

デッキが出来た事により最早本来の部屋よりもデッキの方がメインのリビングスペースとなり

もう雨が降るまで屋根の下で眠りたくないくらい執着しています。

完成したのが今週月曜日で、それ以降毎晩デッキの上で星空見ながら寝ています。

だから寝袋とかでとっちらかっているんですよ。

デッキ雑魚寝大会に出場したい人は連絡ください。

 

写真の椅子の向こうは下に小川が流れているので、そこに釣り糸を垂らしたり(魚はいないが)、かごに入れた飲み物を川で冷やしてロープで引っ張り上げるとかいったロマンチックなこともいずれ出来るように仕上げて行きたいと思います。

 

このデッキを建てるにおいて、釘を100本以上(推測)打ったのですが、この「釘を打つ」という行為がまた

自分の集中力ととんかちコントロールが試されて、ひとつの釘を打つのにアベレージで6−7打、神がかった時は4打、などいちいち精神統一して一本一本打っていたつもりが、調子が乗って来て「匠の域に突入したぜ。。。」なんて調子づくとすぐ釘を曲げてしまうという、釘を打つという行為で自分の人間性というか能力を試されているような気がして背筋が伸びました。

 

 

 

皆様良いインディアンサマーを☆

 

 

 

 

みょうが September 9, 2013

Filed under: gardening — yukster1219 @ 1:44 am

wow.

前回のポストが7月…..

夏って時間が2〜3倍の早さで過ぎて行く気がするなあ。

IMG_1503

 

さて、この写真はミョウガの花です。

ミョウガの苗をもらって植えて2年目、ミョウガが秋にも出来る事や(春しか出てこないものかと思ってた)、こんな可愛い花が咲く事も知らなかったなあ。

 

三つほど収穫して、きゅうりと酢の物にして食べました。

こちらBC州では夏も終わったようです。

皆様よい秋を。

 

Living On Weed July 19, 2013

IMG_0115

not THAT weed you think. I am talkin’ weeds.

夏ですねー。夏。

生きとし生けるものがFull On絶好調な夏です。

野草も絶好調です。

今日は、クローバーの花やミントを冬のお茶のために摘んで、晩ご飯には畑にわんさか勝手に生えてる(ありがたや〜)アマランスとパースレーン(すべりひゆ)のおひたし、この数年勝手に生えてくる(GJ! )ニュージーランドスピナッチのバター炒め、タイバジル入りの野菜炒めを作って食べました。草ばっかやん。

アマランスもパースレーンも、ほのかな粘り気がありちょっとモロヘイヤを彷彿させますね。ネバネバ系の野菜は特に夏場に食べると良いと良く聞きます。今年こんなに暑い日が続くと分かってたらオクラ育てれば良かった!

ニュージーランドスピナッチとは、真夏の暑い時期を嫌うほうれん草の代わりに真夏にわんさか生えて、何回も収穫出来るイケテル夏野菜です。

毎夏イタリアンバジルよりタイバジルをもっと植えりゃ良かった!と思ってきたので今年は多めに植えてみた。でもやはりイタリアンバジルはペスト作ったりして量たくさん欲しいからこっちの方が多く育ててます。

野草と言えば、先日猫に激しく引っかかれ即座に近場にあったコンフリーをちぎって揉んでその青汁を縫っておいたところ跡もほとんど残らず良いカンジに治癒しました。野草の青汁は切り傷にいいらしい。猫の爪は汚いので可能が心配だったけど大丈夫だった。

切り傷と言えば、木のサップ(樹脂)も素晴らしい。天然の抗生物質&水ばんそうこうなので、以前湖の岩で手を結構派手に切った時友達が「サップだ!サップを探せ!」と教えてくれて、その時の治癒の早さとキレイさから「サップ恐るべし」と学んだのでありました。

経験から学んだ野草の効果は忘れないね。

あと、全く関係ないんですけどこの間ロードトリップ的に週末ある島に行きまして、そこのビーチで牡蠣採りまくり、アホかというほど牡蠣をBBQして食べました。はまぐりも人から頂いて食べました。アホほど。地産地消にもほどがある。幸せや〜。

♪Summer time, Living is easy〜♪

ジャニスの言う通りや。

とまあ、脱力全開でダラBlogしてみました。

皆様良い夏を☆

 

Micro climate once again July 9, 2013

Filed under: パーマカルチャー!,gardening — yukster1219 @ 3:45 am
Tags:

前回の記事がPDCが終わった開放感からか夏の夕日とビールのせいか、内容的にはしょり過ぎというかかいつまみ過ぎの感満載に思えたので、もうちょっと訂正?付けたし?させてくだされ。

Micro climateとは、地形や日照条件(方位、角度など)、風向き(季節などによっても変わる)によって局地的に発生する気候条件の事で、こういった事を利用して例えば、北側を森や建物を壁とした場所にミツバチの巣箱や暖かさを好むコーンなど植えたり(Sun trap)、食べ物やワインを貯蔵するのに家の北側(涼しい)にパントリーを作ったり、太陽光の角度を考慮に入れて、夏には平地でも冬には南向きの斜面に植物を育ててみたり。。。

もしあなたが、これから住む場所を決めよう、土地を買おうとしているならば、こうした事を考慮に入れて場所を選ぶと良いかもしれません。また、あなたが素の土地を買い自分で開拓していけるようなラッキーな星のもとに生まれているなら、家を建てるよりもまずその土地のくせ、Micro climateを良く観察し、ランドスケープする事から始めるのが良いかもしれません。

Micro climateは、目には見えないエネルギーである風や温度の流れによって形成されその場所に生きるものすべてに影響を与えます。例えば、谷底や斜面の天辺は寒いのにその中間である斜面は逆転相といって暖かくなったり、同じ季節でも海からの風と山からの風では全く性格が違ったり。。。(気温、湿度、etc)

“work with nature, not against it”

生きとし生けるものがラクに生きるための基本かもしれませんね:)